美味しいお米の炊き方(おすすめ炊飯方法)

1.お米を計る
可能でしたら、デジタルばかりで計ります。1合=150グラム
1合カップを使う場合は、優しくすくって、箸はヘラのようなもので
平らにならしてください。

2.お米を洗う(洗米)
お米の入ったボウル(大きめの鍋でも可)に水を流し入れ、手で2~3回かき混ぜ、
すぐに水を捨てます。最初は糠や不純物が多く含まれますので、手早く行います。

(ア)野球の野球のボールを握るような形で、水を入れずに軽く10回程度手でかき混ぜます。
手のひらで押してグイグイする必要はありません。
水を入れて手早く流します。
(水を流すときはザルを使うとお米が流れず楽にできますが、かき混ぜるときはボウル等に移してください。
ザルにお米をいれた状態でかき混ぜるとお米が割れやすくなります)

(ア)を2回繰り返します。2回目に水が濁っていても、大丈夫です。気になる場合でも3回までにしてください。
ここでの濁りはお米のデンプン質が溶け出したものですので、黄色くなったりする原因にはなりません。

○水を加える~水に漬ける(浸漬)~炊く

ザルで水を切って、炊飯器にお米を移します。
目盛りに合わせて水を加えます。
(新米時期でも目盛りどおりに加水し、様子を見て次回調整します)
マイコン炊飯器の場合は浸漬時間も計算してくれますが、
ガス釜等手動の場合は夏場30分、冬場1時間を目安に浸漬してからスイッチを入れてください。

○炊きあがり~蒸らし

最近の電気炊飯器は、自動で蒸らし後に出来上がり合図がなります。
ガス釜等、手動の場合は、炊き上がってから15分は蓋を開けないで下さい。

○ほぐし

タイマー式電気炊飯器の場合は、炊き上がったらすぐに蓋を開けて、
しゃもじで十字に切り込みを入れ、釜の下から返すように
してやさしくかき混ぜます。手動の場合は15分程度の蒸らし後にほぐします。
「ほぐし」は、余計な水分を飛ばすのが目的です。
タイマー式電気炊飯器では、炊き上がってから15分程度たつと、
余計な水分がお米に入りモキモキしたご飯になります。         

お米の炊き方や、炊飯トラブル等のご相談も受け付けております。
お気軽にどうぞ。