新生!日産スカイラインがハイブリッドで登場!

ハイブリッドに日産もいよいよ参入!と言った感じでしょうか。

3500CCでモーターとエンジンを併用して、18.4km/Lを実現しました。

スカイラインといえば、日産を代表する名車ですね。
FR(後輪駆動)にこだわり、スタイルも性能も「代表」として申し分ないスペックを維持しています。

スタイルは、躍動感や高揚感あるデザインを重視したようです。
なんとなくアメリカ車を意識したようなイメージです。
ボディカラーは、渋めも色使いで大人の車という印象を受けます。

内装では、シート地とカラーが二種類から選べるので、組み合わせができます。

ナビゲーションシステムは、ツインディスプレイ(8インチと7インチ)で、直感的にスマートフォンのように操れるフィンガーアクション操作などが可能になっています。

ドライブモードセレクターがさらに進化しました。
好みに合わせて詳細設定できるカスタマイズ機能を用意。また、「パーソナルアシスタント機能」によって、最大3人までのドライバーの運転環境として、ドライビングポジションやエアコン・オーディオ設定から安全機能までクルマが記憶しておけるので、ドライバーが交代する時に素早く設定を切り替えることができます。「自分が運転する時は、自分だけのスカイラインになる…」そんな感覚を味わうことができそうです。